SINGATE

シンガポール,タイでビジネス・会社設立・移住・資産運用を始めるための情報サイト。
日本人が経営する現地企業が地場のネットワークを使ってシンガポール,タイの最新情報をお届けします!

破たんをシンガポール政府が保証するオフショア生命保険


世界ではさまざまな生命保険が売られていますが、生命保険は
特に日本との違いが際立っている商品の1つです
オフショア生命保険と呼ばれているものをご紹介します

例えば、日本で死亡時受取4億円の保険に入ろうとすれば
3億2千万円以上の保険料支払いが必要ですが
シンガポールでは1億1200万円程度で加入できます

さらにシンガポールでは生命保険が「資産」として扱われており
上記保険料支払いに銀行(プライベートバンク)の融資が受けられます
そのような仕組みから手持ちの資産が足りなくても銀行からの融資を合わせて、
大型の生命保険に加入できます

なぜそのような生命保険が日本人に必要なのでしょうか
それは主に相続税の問題です。死亡時に遺産を相続させたい場合、土地や家など
すぐに換金できない資産を多く持っていると、相続税への支払いのために現金を
作る必要が発生します
大型の保険に入っておけば、死亡した場合も借り入れを返済してさらに相続税を
支払っても、大幅に余るだけの保険金を手にすることができます

(相続税を節約するのではなくきちんと払うための生命保険です)

同様の生命保険はアメリカの保険会社でもおこなっていますが、トラストを
組む必要があります。これが非常にコストがかかり面倒です。
同じアメリカ系ですがシンガポールの保険会社はトラストが要りません

また万が一生命保険会社が破たんした場合は、シンガポール政府から補償が付きます
これもシンガポールならではです

こういった商品を勉強したい方、ぜひお問い合わせフォームよりご連絡ください